2009年07月31日

深刻な問題

こんんちは、安谷屋です。

今日は、先日賃貸の仲介をさせて頂いた物件のトラブルで、そのお部屋までお邪魔いたしました。

その問題はといいますと・・・

こちらの物件は床が絨毯となってまして、何度も掃除機をかけてもスゴイ量の絨毯の毛が出てくるとのこと。

新品の絨毯なので最初のうちは余分な毛が表面にあって、こういうものなのかなと思い、1週間ほど毎日掃除機をかけて様子をみてみたが、一向に量が減らないうえに、1回掃除機をする度に掃除機のパックを3回換えないといけない程。


私も今まで絨毯でそういう話を聞いたことがなかったので、とにかく現地を確認しましょうということになり、貸主様(不動産業者)・絨毯のメーカー様・設計業者様・施工業者様と集まることになりました。


私は早めに到着したので先にお部屋を見せていただきましたが・・・

驚きました。

絨毯のあちらこちらに毛玉のように吹き出ていて、空中に毛も舞っているのです。


内見の際は全く気が付きませんでしたし、むしろグレードの良い絨毯を使っているなと思いました。


これでも掃除機をかけた後ですが、人が歩いた摩擦で毛が出てくるとおっしゃる。

とても部屋を閉め切ってエアコンなんかつけられない。(東京は30度を超える真夏!)

ご主人はホコリアレルギーで部屋の中でマスクを手放せない状況で小さなお子様がお二人いらっしゃるご家庭。今現在お子様にアレルギーがなくても発症してしまうと健康被害です。


さて、全員集合いたしました。

まず、現況を見ていただき借主様ご夫婦が説明をしました。

私は、見た瞬間ビックリしましたが、他の方は淡々とされている。(立場的にそうなのかもしれませんが)

次に絨毯のメーカー様がこの商品と特質の説明を始められました。

ウール100%で平米一万数千円もする高額な絨毯であるとおっしゃり、どうしても絨毯なのである程度は毛は出てくると。(ある程度とはどのくらいなのだろう・・・)

吸引力のある掃除機で吸うとそうなることもありますとおっしゃるので、一般家庭用の掃除機とルンバ(勝手に掃除してくれる円盤のロボット)をお見せすると、今度は掃除機を使用しないでコロコロを使ってみてはいかがかと提案してくる・・・・

話にならない・・・

170平米もあるお部屋をコロコロで掃除をしろと普通に言い掃除機は使用禁止???

絶対にここで非を認めてはならないという風にしか感じられず、目の前の問題を解決しなくてはならないという誠意も感じられない。

私はでしゃばる立場ではないのですが、あんまりにもヒドイ説明なので、
「実際に今の現況を見てみて個人的にどう感じられますか?」
とだけ質問してみましたが、質問の意図の答えは返って来ず・・・


会社という大きな組織の中で色々あるとは思いますが、やはりお客様の立場になり、逃げずに問題は解決していかなければ、その会社の行く末は決まってくるのではないでしょうか。


一応、今日はそれぞれ会社に持ち帰って報告をするということで終了した。


都心の一等地で○00万円に近い賃料のマンションで、真夏でエアコンもつけられなく現在ホテル住まいです。

良い方向に解決していただけることを祈るばかりです。



しかし、借主様はよく怒らなかったよなぁ〜と感心しました。
切にこの部屋に住み続けたいので何とか解決して欲しいと。


あのメーカーさんの説明だと普通は怒鳴り声が響くかと思いましたが、
きれるのは解決に至らない最後という事でしょうか・・・(訴訟とか?健康面もありますし)


おもた〜い問題ですが、帰りにお嬢様のRちゃんが折り紙の駒を作ってくれました。
ホッと気持ちが和む瞬間でした。
デスクに飾ってこのブログを書いています。

CIMG3125.JPG



posted by will at 21:06| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。