2010年01月15日

社長のひとりごと(10/01/15)

「法は平等なり」と今まで信じていた人が多いと思いますが、
今回の鳩山・小沢両氏の金の問題デス。



(1)
鳩山氏の場合、「バラたら仕様がない。贈与として税金を払えばいいんでしょ」のスタイルです。


5年も後に一般人、例えば・・・、

まさに今日、あるコンサルタント会社の社長が不動産の売りで脱税のアドバイスをしたとして、
本人も社長も逮捕されたニュースを見ました。


これと鳩山氏と比べて平等だと見えますか。


法は平等であるべきだと思う人は多いと思いますが、人々はもっと声を出すべきだと思います。



また、本人が知らなかった・12億円の金を母親から他人が本人に代わりいただいて
「私は知りませんでした」の始末。


もしこれが本当なら、そんな人は政治家になってはいけないと思うます。


トップは下々の小さいことを見て、聞き耳を立て、その上自分の方針を
取るべきだと思います。



早く辞めてもらいたい。




(2)
小沢氏なんですけど、金の問題は誰が見ても「黒!」


「私は間違ったことはしてません」ときたもんだ。


法律を作成する人々がこんな具合で、吾々一般人に法律を守りなさいと・・・、図々しいにもひどい話しです。


自分のことは違法でも、権力を持てば金に近づく。
政治家は金に近寄らない強い心を持ってほしい。



そんな人々を選んだのは、吾々です。
そんな人々を声を上げて落とすように、そろそろ皆さんも行動すべき時だろう。



泉 洋介


posted by will at 19:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 社長のひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。