2011年09月14日

社長のひとりごと(11/09/14)

久しぶりにペンを取りました。色々と我慢できないことばっかりです。




【円高について】

日銀の白川氏は、もっと策があるんじゃないかと思う。

円の供給量を考え、欧米のこの20年30年以前からすると、

各国少なくて50%、米国でも70%、(北朝鮮は500〜600%は別として…)、

日本では20%しか増えていない。

物が少ないと価格は上がるのと同じで、

「円」の数が少ないので、円高になるのは、当たり前。

あと20〜40%増の円を印刷すれば、円は安くなる。

為替介入なんてやるより、デフレも改善し、多少のインフレになって良いと思う。

日銀は、インフレーションが「悪」という考えみたいだ。



【国会議員について】

昨今、意見として、国会議員をくじで決めてはという考えがある。

今の彼等を見ると、二世、三世、四世、または、松下政経卒の人達がほとんどで、

政治家になる方の人材不足である。

(今の松下政経卒を創立者の松下さんが見たら「違う」とおっしゃるだろうが…)

裁判員制度は、全くの素人が裁判員に選任をさせると、

法律等々を学び、立派に執り行うのと同じで、国会議員もくじ引きで人選し、国を運営して頂く。

その方が人々は一生懸命、自分の国の将来を考え、真面目に汚職もなくやって頂けると思います。

皆さん一度考えてみては。




泉 洋介
posted by will at 15:18| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 社長のひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック