2010年09月27日

社長のひとりごと(10/09/27)



普通何かと面白くないことがあると目覚めが悪いといいますが、

この4~5日は目覚めどころか腹が立って眠れない・・・



先刻も書いたように米軍を沖縄から追い出したらこの島は史上中国のものと云い出す・・・

中国は党・政治・人民が一体となり、

今回のことも政治が漁船に見せかけ、日本がどう出るか、日本の世論がどんな反応をするか、

あたかも科学者が研究データーを集めるごとく試験したのである・・・



日本の政治家、先の河野洋平は、

天候不良で台湾に緊急着陸したら中国に義理立て機内から一歩も外に出なかったと自慢話をして記者会見をしたり・・・

靖国参拝を止めたり・・・

最近では小沢一郎、何百人も連れて中国参り。

古代史にもあるように皇帝につくと地方より北京参りをさせたあの風習に添って小沢一郎は行ったのか・・・


今どんな気持ちなのか聞いてみたいもんだ。


鳩山にしてもアジア連合とか訳のわからん政治家ばっかりだ。



民主党、官房長官は、今回の船員十数人の釈放・・・甘い。

あの釈放で中国は、日本の弱さを見た・・・

簡単に釈放すべきではなかった・・・


今度は馬鹿の上塗りで船長まで・・・

「沖縄の地検が・・・」そんな嘘は国民を愚弄している。

管と仙谷の意でなければ、いち地検が外交の判断が出来るほどの権限があるのだろうか・・・

貴方方は十年・二十年後の日本の将来を考えているのか?

面談であんな判断をするのか、記者もなんで質問をしないのか不思議です。

彼の国の海軍力、増強を考えてみれば明白。


中国より米海軍に対し太平洋の分割支配の申し出があったとか・・・

管もそんなことは承知のはず・・・


管・仙谷がこれなら「支邦」も許してくれると思った船長の釈放・・

慰謝料と弁償・・・貴方方の頭で考えてうまくいくだろうか?つけ込まれるだけ。

少しは戦略を持たないと・・・情けない政治家ばっかり



日本は今のチベットになりたくなかったら負けない位の軍事力及び「核をも」持たなくてはと思う。


そろそろ徴兵制でも考えたらと思うこの頃です。


(僕も志願していきたい・・・・)



泉 洋介












三軒茶屋 不動産 株式会社ウィルプランニング
http://will-planning.co.jp/






posted by will at 12:43| 東京 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 社長のひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月16日

社長のひとりごと(10/07/16)

【1】
沖縄問題を考えみるに、確かに歴史上、沖縄は戦地になり色々とあったとおもいます。
返還後も米海兵隊との問題がありました。今からもあると思います。
(日本人の若者にも同じような事件は年中あります・・・)

米人だから、また、沖縄だから全国紙に載り、全国テレビのニュースになります。
だた、頭にくるのは警察権、即ち地位協定にあると思います。



もしここで米軍が「それじゃあ−−っと」で、沖縄から出ていったと仮定しましょう。
十年以内に中国共産党が「元々、歴史上からみて沖縄は我々陸土だぁ−−−」と云い出した時、
皆さんはどうするんだろうと思います。

1.日本だけで守れるのか。社民党あたりかどうでるか興味があります。
  日米協定があったとしても、追い出され所を守りに来てくれるとは思いません。

2.昔、社民党が社会党を云った時分、地方の社会党の人に尋ねたことがありますが、
  手を上げて従うそうです。
  今はどうなっているか「オバサン」に問うてみたい。



今日でも公海とは言えども、中国の潜水艦等が堂々と自分の庭みたいに使っているでしょう。
自衛隊ヘリが近づくと銃座を向けるというのも、あの国も信用できない。
有名な政治家の人々の中にも中共に顔色を伺う人々がいる。
悲しいかな。


日本の防衛力をもっと増強し、自分で自分の国を守れるようにすることが大人の国家ナリ。




【2】
7/15のインターネットニュースの中で「北朝鮮の医療体制崩壊、麻酔なしの手術が日常化・・・云々」 
『だから食糧と医療の支援をと国際社会に呼び掛けた・・・また、支援等々を政治ゲームに使うべきではない・・・』と
国際人権団体アムネスティ。。。
この声に対して、人権団体だの自然保護団体だの動物なんとかだの、色々あちらこちらで・・・。
あれを見ていると、ゾッをする気がします。小生でも故意に害を与えたのを言うのではなく。


鯨にしても、肉を多く食う人間がこれは良い、あれは悪いというのも、
その上、こちらが何もしないと分かると、鯨は傷つけてはいけないという人が、人間には傷をつける。おかしな話しだっ。

次に北朝鮮ですけど、この人権団体も、「シー〜」なんとかと同じで、金正日の独裁者的で、
金さんの思いで自分だけの贅沢のため、強盛国家にという名で武器等に金を使い、国民の面倒は見られない。
また、気に入らないと他国の船を沈める。あれは国家態をなしていない。




金正日一家という方が良いと思う。そんな処に援助などをしても強盛国家の”元”にしかならない。
それにしてもアメリカの代々大統領はアラブには強いのに、何故か「金一家」には弱い。強く出られない。

我々国に対してよりも、弱いみたいな思いである。
日本の外務省、首相より「金一家」の方が、外交手腕がありそうで、残念でしょうがない。





泉 洋介
posted by will at 19:19| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 社長のひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月16日

社長のひとりごと(10/03/16)

高校の授業料無料化に対し、北朝鮮の学校をも含む話しですが、絶対に反対すべき。


吾が国民の税金で原爆は造るわ、善良な国民を拉致するわ、
麻薬の密輸をするわ・・・。害を得えることばっかりする国。


その上、彼の学校の教科書たるや、金正日の承認がいる(当然日本の悪口しか書いてない!!)


そんな学校に税金を使う、それでなくとも首相は脱税するは、政治屋は税金を迂回させ金儲けするわで・・・。



当方達はそんな税金を払いたくないと思っている時なのに、政治は北朝鮮に良い顔をして、特に社民党のおばちゃんが出るとテレビを消してしまいますよっ。



泉 洋介
posted by will at 18:16| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 社長のひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月16日

社長のひとりごと(10/02/16)

少し下火になってきた?鳩山(黒鳩)と小沢氏の金の問題ですが、
他でいろいろご意見も云われています。



金の流れを全くしらなかったとしよう。
しかし、両方共に数十億円の金のことです。



「秘書が秘書が・・・」とおっしゃっていますが、
その彼等が一時間否や一日のことで全ての金を動かしたとすれば気が付かなかったということも
ありますが、今回の件は何年にも亘って行ったことです。
「全然気が付かなかった」とおっしゃっていますが、怖いことですね。






片方、一国の首相であり、一党を導く大将ですよ。




世の中の世界の隅々人々の生活の態様等々を見ながら政(まつりごと)を行うべき人々が
手前の秘書の行動一つ監視できないなんて信じられない。




そんなことなら、「本当に申し訳ない、手前の事も気付かない自分では一国を司ることなんて烏滸がましい」と辞めるべき・・・と思うのですが。



また、もう一人は、
吾々が会社を設立し幾年かかろうと純資産として20数億円を溜めることは多分不可能と思いますが、
政治屋としては、やり方一つであんな資産が出来る商売なのかと不思議です。




誰がみても真っ黒なのに、不起訴とは!!
検察庁より法務大臣、首相に起訴してもよいですかとお伺いがあるとのこと・・・。


どうもやっぱり法律及び国税は皆、平等という訳にはいかないみたい。




泉 洋介
posted by will at 16:03| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 社長のひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月19日

社長のひとりごと(10/01/19)

もし今、選挙でもあれば独裁者(犯罪者!?)と優柔不断なお坊ちゃん育ちがいる民主党に入れるのも
自分が罪を犯すような気がするが。。。



かと云って、自民党は、きのう青木氏が参院選に出るといって全会一致で賛成ときた。
それじゃ〜と、あれもこれもと公認ということになる。



前回の衆院選で破れ、自民党の人々も何の勉強もしていない。


「次回には、こんな民主党なら自民党でも仕様がないか・・・」と思っていたが、昔ながらの古い体質の人々、特に未だに国民に「貴方はダメ」と云われた森喜朗氏みたいなのがキングメーカーみたいな言動。



あんなのを一掃すれば自民党も再びという気もするが。。。



こんなんじゃ不参加もアリかなと思わざるを得ない。





泉 洋介
posted by will at 20:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 社長のひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月15日

社長のひとりごと(10/01/15)

「法は平等なり」と今まで信じていた人が多いと思いますが、
今回の鳩山・小沢両氏の金の問題デス。



(1)
鳩山氏の場合、「バラたら仕様がない。贈与として税金を払えばいいんでしょ」のスタイルです。


5年も後に一般人、例えば・・・、

まさに今日、あるコンサルタント会社の社長が不動産の売りで脱税のアドバイスをしたとして、
本人も社長も逮捕されたニュースを見ました。


これと鳩山氏と比べて平等だと見えますか。


法は平等であるべきだと思う人は多いと思いますが、人々はもっと声を出すべきだと思います。



また、本人が知らなかった・12億円の金を母親から他人が本人に代わりいただいて
「私は知りませんでした」の始末。


もしこれが本当なら、そんな人は政治家になってはいけないと思うます。


トップは下々の小さいことを見て、聞き耳を立て、その上自分の方針を
取るべきだと思います。



早く辞めてもらいたい。




(2)
小沢氏なんですけど、金の問題は誰が見ても「黒!」


「私は間違ったことはしてません」ときたもんだ。


法律を作成する人々がこんな具合で、吾々一般人に法律を守りなさいと・・・、図々しいにもひどい話しです。


自分のことは違法でも、権力を持てば金に近づく。
政治家は金に近寄らない強い心を持ってほしい。



そんな人々を選んだのは、吾々です。
そんな人々を声を上げて落とすように、そろそろ皆さんも行動すべき時だろう。



泉 洋介
posted by will at 19:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 社長のひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月21日

社長のひとりごと(09/12/21)

政治と金と司法



今回の小沢一郎秘書と小沢氏の土地取引。それと鳩山氏の母親よりの小遣い問題。



彼等、自民党時代にもそうだったが、「自分は知らなかった」

それを秘書がやったのは本人の罪と同じ!と云いながら、秘書と母親はそれは知らなかった。

5千円〜2万円の話ならともかく、10数億の話し。

もし母親が第三者にその金をみんなに黙ってやったとすれば、息子達が「知らなかった」で済ませものか。



またまた、小沢の場合にせよ鳩山の場合にせよ、吾々庶民の場合だったら、

検察・裁判所があんなユルイ判断はない。2〜3億で最低でも20日間の拘置はまぬがれません。



政治にも、司法にも、信用できないか頼りにもならない。



変な世の中(昔からかもしれませんが・・・)、

それを改革できる人を人々は求めております。



泉 洋介
posted by will at 19:23| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 社長のひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月02日

社長のひとりごと(09/12/2)

国会議員に問う




貴方々には、二・三世の先生方がいらっしゃいますが。


まとこしやかに『低所得者の方々のことが・・・』とかおっしゃいます。
この数年、自殺者の数が3万人を超す勢いですが・・・。


二・三世の方が本当に、その方々の苦しみがオワカリになるのかと不思議に思います。


母親が息子に毎月1,500万円もやって、
その息子達に、その日150円で生活をしている人々の
心・不安、メシも一日に一度しか食えない者の何が理解できるのか。


否、例えばそんな方々の苦しさが理解できますという人の方がよほど理解できません。


480人の議員さん、どのようにワカルとおっしゃるのか伺いたい。



政治資金問題が再び、忙しいようですが、
一般国民の吾々は100円否、1円でも「おかしい!」と税務署より、
また、多額の退税でもしようものなら検察や警察やらで大変なのに
どうして鳩山や小沢だと、1年も半年も黙って、よくも堂々と道を歩けるのか不思議でしょうがない。
バンバンやれ。


または本人達、あの銭に厳しい奴等だから
何千万何億をたとえ秘書と云えども、本当に秘書が勝手に使ったりしたら大変なことになると思う。


知らないは使えない。




泉 洋介
posted by will at 20:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 社長のひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月19日

社長のひとりごと(09/11/19)

久しぶりの書き込みです。



民主党政権となり、多少の不安と期待の中でのほんの数ヶ月。


「坊ちゃん・由紀夫」の理念の一片もない頼りない態度、自民党への政治資金についての以前の突っ込み。

それに対し、テメェの事に対しての説明不足。

良くあんな昔のことは忘れて出来るな〜と、政治家の胸の内というか頭の中を不思議に思わざるを得ない。


その上、今夕は小沢一郎への西松建設元社長の5,000万円の表に出ないワイロ。

あの権力のカタマリ!シタリ顔!!を見ていると、日本の政治は自民も民主も共に三、四流と云われるのに全く同感せざるを得ない。


法律違反。


吾に一般人は車線変更ででも許してくれなく、罰金は取られ、減点はされる。一切の言い訳は許されない。

君達政治家だって法律違反があれば 潔く辞職すべきであ〜〜る。


先は衆議院議員会サンに行ったが、先生方々のあぁ〜偉そうな態度。

あの人たちに吾んの、金と生命をあずけているのかと思うと薄ら寒さすら感じます。


泉 洋介
posted by will at 18:24| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 社長のひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月31日

日経新聞 交遊抄

昨日から噂の弊社社長を書きたいと思います。安谷屋です。


弊社社長が「日経新聞の交遊抄」にちょこっと登場しました。


その為、昨日は朝から電話20件、FAX7枚・・・


「日経に書いてあるのは泉さんの事ですか?」とか、

ご丁寧に記事を切り取ってFAXしてくださったり・・・



日経新聞の力ってすごいのね・・・


同期である、東京証券取引所社長の斉藤惇さんがコラムで弊社の泉洋介について書いてあります。

ご興味のある方は是非見てください目

CIMG8990.JPG



posted by will at 19:16| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 社長のひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする