2008年04月15日

社長のひとりごと〜番外編〜

こんにちは。本日社長の代筆サオトメです。
待ってましたよ、お天道様ーーー 晴れ 晴れ


本日、社長がついに かわいい 花粉症 かわいい デビューしたようです。
涙目で外出先から戻られました。


ちなみにLEVEL4 だそうです。
(わかる人にはわかるのかな?なんだか強そうです。)



せっかくなので、ひとこといただきました。

『そんなデビューしたくないよ・・・』



そりゃそうです。


早く少しでも楽になることをお祈りいたします。。。







posted by will at 18:26| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 社長のひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月02日

社長のひとりごと。〜4月2日投稿〜 なんと連日投稿!!

今日は、多少スッキリの気分です。

日本の政治家で、中国の大臣か代議士なのではないかと思われる人物が、
台風で仕方なく台湾空港に着陸した時、台湾の外務省が飛んできても、
機内から『承認国じゃないから国には上陸しない。』とか。


後に中国の当局者に自慢気にそのことを話し、どこの国の面子を立てているのか。。。。
今の政治は遠からずこれに近い人が多い。
政党に関わらず某党首だって同じ様なモノ。


しかし一方、テレビにも特集とされた世界のトップアスリートが認める手造の『砲丸』造りの方が、
『中国オリンピックには、私の造った砲丸は提供しない。』
と断った弁を聴き、

溜飲が下がる思いでした。。。




200804011316000.jpg

なんとも。社長の昔のパスポート発見!
’太陽にほえろ!’ですよ。








posted by will at 17:00| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 社長のひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月01日

社長のひとりごと。〜4月1日投稿〜

この2,3日で久し振りに面白い本を読みました。

『ジョークで読む 国際政治』 名越健郎/著


実に的確に当っているから更に面白い。



例えば、

*旧ソ連の軍需上場で三人の労働者が秘密警察に逮捕された。
  一人は、時間より30分早く出勤したためスパイ容疑で。
  一人は、時間より30分遅く出勤したためサボタージュの疑いで。
  一人は、時間通りに出勤したため外国製腕時計を不正に入手した疑いで。



*問.キリスト教と北朝鮮の違いは何か

 答.キリスト教では、すべての民のために、一人が犠牲になり、
   北朝鮮では、一人のために、すべての民が犠牲になる。



*平常の中心部で、男が大声で叫んだ。
 『もうたくさんだ!吾々はたった一人の男のため、すべてを犠牲に し、みじめな生活を強いられている。この男を打倒すべきだ!』
 
 すると公安警察が直ちに男を拘束し、連行した。
 取調室で厳しい尋問が行われた。

 『それで、誰を打倒すべきなんだ?』
 『・・・ブッシュです。共和国に経済制裁を課し、敵対政策をとっ ている。』

 『ならば問題ない。さっさと出て行け。』

 男はドアを開けながら取調官の方を向いて、
 『あなた方は、誰のことだと思ったんですか?』
 と言って出て行った。



*問.日本と北朝鮮の共通点は何か。

 答.日本では国民は公然と日本政府を雛できる。
   北朝鮮でも、国民は公然と日本政府を非難できる。



*問.日本と北朝鮮の共通点は何か。

 答.ともに政権は父から子へいこうするが国民はそれを批判しな    い。



*各国の政権継承パターン。
・日  本: 父から子へ
・キューバ: 兄から弟へ
・米  国: 夫から妻へ


*ブッシュ大統領が、福田首相について補佐官から説明を受けた。
 『彼はどういう男だ?』
 『親しみにくく、口数の少ない男のようです。』
 『それは残念だ。。彼は私の退任までジョージと呼んでくれるだろ うか?』
 『ご安心ください。それまでには別の首相が現われますよ。』



。。。とまあ、こんな具合に実に面白い。
その中に真実があり、勉強になりました。






posted by will at 19:00| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 社長のひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月13日

社長のひとりごと 〜2月13日投稿〜

不思議な話。
前の話になりますが、ベトナムへ行ったときのことをふと思い出しました。

ベトナムの人々は教育があり、頭が良くて・・・云々ということを前より聞き覚えるに至り、又、ベトナム戦争の壮絶さ、メコンデルタ、ベトコン等々懐かしい(と表現してよいのか、、)耳への感触。

どんな国かと想像し、ホーチミン(サイゴン)、ハノイと興味をもって感心するやら、驚きやらだったことを覚えています。

土石流とか河川の堤が破れて、水が集中して流水出るが如く、何処から出て来るのか。。。

オートバイの2人乗りは当たり前、4人乗りの家族までおりました。
まるで競争しているかのような鳴り止まないクラクションの音。


東京の昭和通りを思い浮かべてください。
中央分離帯のない昭和通りを、自動車よりオートバイが多いのではと思われる通りを、手もあげずに横断する人を見たときは、あっぱれ、芸術的としか思えません。。。


ベトナム戦争記念館へ見学に行ったとき、10分程で追い出されました。昼メシだそうです。きままだなー。


ああそれと。
敵国だったアメリカがベトナムでは一番信用されているのだなと思いました。
自国通貨は’ドン(1円→150ドン・1ドル→1,650ドン位)’ですけど、
『いくらですか?』
と尋ねるとほとんどの場所で
『○○ドルです。』
と言われる。

自国の金よりドル表示なのには、不思議な思いがしたことを
覚えています。



posted by will at 19:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 社長のひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月19日

1月19日投稿〜2008年初〜

久し振りに書く気になりました。


10月中頃より3ヶ月、色々世の中は変わりました。
70%が多少違うんじゃないかとか、腹の立つことばっかしです。
首相が替われど、他は何も変わらずで。。。


先日、ある講演会を聴きに行きました。
話しの上手さもさることながら、感心する、いや同感することばかりで政治家、役人、又それぞれがもう一度日本の歴史を知り、一人ひとりが’国家感’を持つべきであるという考えには『これぞおっ』という思いがしました。


高級官僚は入省当初は’国の為’という志、3、4年すると
結局’自分達の利益の為’に仕事をする様に教育されるのだと云われれば、道路の税金、厚生省の薬害問題と納得する部分もなきにしもあらず。


憲法には国民の生命、財産を守るという文語がありますけれど、
日本国が戦後、生命、財産を守った話を聞いたことがありません。

自然災害にしろ地震にしろ、国が気持ちよく手を差し伸べることがあったでしょう?
起こるべくして遭遇した災難にしても、保障をしたがらないし。

極めつけは、長年そんなことはないと云われ続けた北朝鮮による拉致問題。
人々に国家感と完全な独立国なれば、空母なり戦艦なりを持って行くつもりの強い態度で解放させるべく努力しなければ。
何十年も放っておいて、税金は免除するでなくきっちり取る。
税金を取るときばかり『日本国民でしょう』だなんて!


国は、国民の生命、財産を守れないなら、吾々は払う意志があるということで、国に払うべく税金を供託することを提案したい。。。









posted by will at 14:35| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 社長のひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月13日

社長のひとりごと〜10月13日投稿〜

『軽い気持ちで、重く、真剣に考えたら云えないこと。』

小生、普段の世界では区分すれば初老の堺(世の中の分別、礼儀、思いやりを持たないものを若造という)に入っていると思います。

当然、小生の若い妻(通常では犯罪の境に入ると云われる)と10〜13年も一緒に居ると、ムード、雰囲気、段取りを大事にしてくださいと、女性から云われる。(世界共通の考えだと思うけど)

世の常、最初はすべての人がそうである様に100%ここで相手に断られたら、怒られたら・・・と思いはあります。

それが2,3年程で出来れば上出来の男。
15〜20年程はまあ普通でしょうか。(裏では適当に)
それ以上は自分自身のあきらめが90%、10%は世間知らず、及び聖人。

10年、15年一日変わらずムードを、手順を、と云われると(大部分の夫婦がそうである様に)必ず『今更』という言葉が頭をかすめる。

でも30代を過ぎれば、例えばネクタイを買うとき、沢山のネクタイの中から『これ』と選んだのが今の嫁子なんです。

10年経てば新しい商品等々出るのが常。
11年前に買ったネクタイを洗濯し、服に合わせ、ワイシャツに気を遣い。。という様に女性もT.P.Oで(1ヶ月1万円程度で良いのです)たまに近所のファミレス、居酒屋に連れて2人きりで酒を飲む。

他人から見ると結構貴方の嫁はいい女に映っているもんですよ。




DSCF2227.JPG

てぬぐいと原稿



【本日のウラガワ】
今日は社長はお休みなのですが、朝一、社長自宅よりFAXが送られてきました。
何事かと思ったらなんと、まだ依頼していないのに、ブログ用原稿が!!
これは嬉しいので早速書くことにしました。

社長、感謝ですm(_ _)m

ちなみに今日、明日は弊社近くの神社のお祭りです。
てぬぐいとお赤飯(完食済)をいただきました!





posted by will at 19:10| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 社長のひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月12日

番外編 〜社長のひとりごとができるまで〜

こんばんは。

暗くなるのがめっきり早くなりましたね!
毎年、そう感じる頃に金木犀の香りに気づきます。
うーむ、せつないのだ。。。


今日は、’社長のひとりごと’ができるまで、といいますかウラ話を少々。


そろそろどうかなー、という頃に原稿の依頼(笑)をします。
そして手書き原稿を渡されて打ち込むのです。
たまにあおったりします。
危険な香りのするときは、はしょったりもします。

ええ。伊佐坂先生とノリスケくんです。


こんな感じで着々とたまってきました↓↓


200710121629000.jpg

ガマンしていたのに、ついに社長が本日開封してしまったハート型のチョコレートと。
ブツブツできちゃうよー。



次はテーマを決めてお願いしてみようかな?



200710121627000.jpg





posted by will at 17:41| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 社長のひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月07日

社長のひとりごと〜10月7日投稿〜

久し振りに書くことにしました。

安倍氏の突然の行為の後の福田氏登場劇。
二世議員ばっかりの時代、土日のテレビをみていると老人医療、生活保護者の予算ワクの話。。。年金の財源をどうする。。。
という様なことばっかり。

240兆円の多力でも回せばどうにでもなる・・・という人が出て来るかと思いきや、誰一人特別予算のことを切り出す人が居ないのにガッカリ。

政府の中から話が出るのが一番。
次の選挙を気にするんであれば、底の生活の苦しさを理解するものではないのだろうか、、、今年度の地方税の上げ方もひどい話で、窓口に云っても決まったのだから、窓口はそれを実行するだけですから・・・だけ。そりゃそうだけど。


テロ対策特措法だって小生、反対じゃないけど他国にイイ顔するんなら、国内にて、(例えばサリン事件だってテロだと思います)テロに出会った人々、いまでも後遺症で苦しんでいる人々に援助、保証がナイというのも納得いきません。。。



200709272114000.jpg 社長サインA.jpg 
posted by will at 11:15| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 社長のひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月22日

社長のひとりごと。〜9月22日投稿〜

当初、別の日記を書こうと存じておりましたが、
先日の母子殺害の裁判を見て、本村さんのあの淡々とした冷静沈着な、言い方を代えれば当事者でなく評論家のような姿が印象的でしたので。

フト自分のことに置き換えてみたり。。。

相手の心の動き、言葉を自分なりに理解し、それについての感想を述べている。
でも実際、あの人は被害者なんだと。

感情的で即行動な小生にはとても出来まい。。

少年、否犯人の弁護士たちにも犯人にも、裁判所の内で再び事件が起こるような気がします。

弁護士は、”本人が言葉を知らなかったから調書にはあんな自白をした”、とか云ってるが、犯人にすれば死刑を免れられるなら何でもやるし、何とでも云うだろうし。
弁護士は、、、結果的に死刑廃止に持って行きたいだけなのだろう。




事実から目を背けてはならない。

200709191658000.jpg

山ちゃん(山田)からの差し入れフレッシュなプルーンです。

200709191659000.jpg

ミキプルーン?
posted by will at 11:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 社長のひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月13日

社長のひとりごと。〜9月13日投稿〜

(注意※社長が原稿を書いてくださったのは9月8日のことです。。)


前編の親の再教育との話の続きみたいな話になりますが、
(→http://will-staff.seesaa.net/category/3487620-1.html

先日、電車の中での警察官の非礼な高校生に対する平手打ち事件がありました。

その警察官の逮捕に小生何故だろうと思い、
全国より300以上の抗議のメール等があったとの報道に、
まだ、この国には心ある人々がいらっしゃることに安心を覚えました。。。

小学校、中学校、高校の学校でのやり方が、
先生の暴力はいけないとか云われてますが、
教育の為の’愛のムチ’は必要。

いまの子供達は’叱られる’ということに慣れていない。
他人からの注意に対してもそうだし。


たまに熱血先生(本当は従来の先生)が居ると、何かと話題になるし、、、世の中先々を考えるとゾーッとします。



小生の幼い頃は、毎日先生たちに往復ビンタをされ、それを親にいうこともなく、又云った所で
『お前が悪いだろう。』で終わり。

子供とは、一度、二度云って『聴かない』ならブッ飛ばして直さなければダメだろうと思う。

しかし肝心なことは子供に’どうしてブッ飛ばされたのか’を教えてやること。


先の警察官の話に戻りますけど、
彼は警察官としての自覚と正義感を持って注意したのだと思います。

行儀の悪い子達を目の前にしていったい何人の人が注意をしてあげられますか?

これで日本の将来は・・・。

警察官でなくとも、あんな人が出てこられることを願うばかりです。


200708211853000.jpg
posted by will at 19:34| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 社長のひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。